ワリオランドシェイク(北米版)のネットCM

coooooool!!!! 仕組みは単純だが、超アイデアもの。ここでネタ明かしするより実際に見て納得してもらうべきなので、↓の Youtube ページへ。

ただし、いささかマシンパワーを必要とするし、画面(縦サイズ)が狭いと判りづらいので、普通の Youtube 映像を見るくらいなら余裕のネットブックでの視聴は厳しい。最近の PC なら問題ないはず。

YouTube - experiencewii さんのチャンネル

秋が来たのに、コスモス散る

秋本番を前にして、ANA (A-net) が北海道で運行している花塗装の DHC8-300(プロペラ機)からまた一機、 “コスモス”が塗装塗り替えに向かったとか…

既に“つばき”が消え、残りは“ひまわり”、“すずらん”、“はまなす”の3機。1円でも経費削減が必要な状況だから理解はできるけど、残念だよなぁ。署名運動も実らず、というのも切ない。

結局コスモスは見る機会がなかったな…

お花の飛行機いつまでも : さようなら
錆分補給 : さよならコスモス

一気に冷えた

熱源が多くて暑い自室にもようやく秋が来て、未明に寝る前にパジャマを半袖半ズボンから長袖長ズボンに着替えた。朝起きても、昼になっても肌寒いくらい。

風邪を引くことはなかったが、久しぶりに爆睡した。思うところがあって、今日はとことん寝て爆睡するつもりだったから、目覚ましなしで家族にも邪魔されないようにしていたら、久々に10時間寝た。5〜6時間睡眠では毎朝起きた時に、目に眼精疲労が残っていて凄く辛かったが、さすがに10時間寝ると、目も十分休めたという感じ。

このところ根詰めて作業しているせいか、眼がかなりヤバい感じだったので、時々こういう日を入れないとマズいかも知れないと思ってる。コンピューター云々以前に、眼がやられると商売上がったりだしね。まぁ、ホント色々身体にガタは来てるし…気をつけないと。

あたしブログ

一昨日、「ケータイ小説大賞」大賞受賞作品として公表されたその日のうちに、ネタのテンプレートと化した「あたし彼女」。ブログをその文体に変換するジョーク・サービスが早速登場。仕事が早い!

あたしブログ 〜あなたのブログを2008年最高のケータイ小説形式に変換〜
ねとらぼ:「あたしブログ」——あなたのブログをケータイ小説大賞作品っぽく変換


ところで、「Deep Love」や「恋空」の時以上に物議を醸してる感じの「あたし彼女」だが、個人的には途中まで読んでみて(3章まで読んだ)、別に良いんじゃないの?と思ってる。ぶっちゃけ、単に下手な日本語で陳腐すぎるストーリーをgdgdと展開していた「Deep Love」や「恋空」より、「あたし彼女」の方が(えも言われぬ)新しさ、奇抜さはある。

これを小説のジャンルとして見るからいけない。というか、ケータイ小説は小説という単語がついてるけど、何か別のものとして考えれば、目くじら立てなくて済むし、実際ケータイ小説と所謂今までのカテゴライズでの小説は別のものだと思う。とりあえず、どっちが良いとか悪いとかはなしにして、だ。

あたし彼女」に書いてある何かは、日本語の文字を使った、文章とは違う別の何か、である。そう捉えれば、それはそれで面白い気がしなくもない。詩、というには散文的かつ長過ぎるが、日本語のような、文に見せかけた何か、と思えば、何かしらの評価を得ることは、あながち間違いではないと思う。

だいたい賞自体が商売のネタを探すためのものだから、大賞受賞、200万贈呈に相当する価値があるかどうかは、主催者が判断するところでしかない。自分が金出して読みたいかと聞かれれば、1円でも出したくはないと答えるが、電車の中で暇つぶしに、ちょっと見たことのない何かを体験するくらいは悪くない。4章以降を読むかどうかは判らんけど。

それに 200万というのも、主催した彼らがこれからこれを書籍化して本を売り、メディアミックス展開して儲けようと皮算用をしている金銭からすれば十分些末なものだ。作者へは書籍化した分について多少払うことはあっても、メディアミックスについてはほとんど対価を払うことはない契約になるだろうから、ブームに乗ってちょこちょこと売ってアレコレできれば元は十分取れる、と判断したのだろう。

そして、こういう大賞受賞作品ってのは、そういう先の展開に見合うものを選んでいるだろうし、当然選ぶべきものだから、その作品の質云々で決まることではないし、そうそう目くじら立てても意味はないのでは?と思う昨今。

Mac OS XでGTKアプリをビルドできる「GTK+ on OSX」

おぉ、これは素晴らしい。なんか色々期待できそう。ってか、初期の頃に少しだけ協力した某ソフトも、MacOS X 版なんてできないかな…時間が出来たら、少し遊んでみよう。

Mac OS XでGTKアプリをビルドできる「GTK+ on OSX」

Google Chrome がアドオン、ユーザスクリプト対応へ

Chrome がアドオン対応になるといっても、別に全然驚きはしない。Apple じゃあるまいし、やって当然、むしろファーストβからやっていてもおかしくなかった。

が、GreaseMonkey の作者が Google で働いていて、Chrome のアドオン、ユーザースクリプト対応に携わってるとなれば、ちょっと驚き。そして期待大だ。

Firefox の魅力は間違いなくアドオンにあるし、そして GreaseMonkeyFirefox が持つ魅力の一つだと思う。それがマルチプロセスで動く Chrome で、より洗練した形で搭載されるなら、これはもう本当に期待してしまう。実装される日が楽しみだ!

えっ、『Google Chrome』がアドオン、ユーザスクリプト対応に!

5D MarkII で撮影した HD 動画サンプル@Canon USA

↓で見られる。こういうのを見ると、おぉすげー!と思ってしまう。一見の価値あり。

Canon Digital Learning Center - Sample Video: EOS 5D Mark II

超制約付きでも、30万ほどのボディに十数万〜数十万のレンズでこんな映像が撮れるなら、動画屋さんも表現手法の一つとして取り入れたくなる人もいるだろうな。もちろん、そこらへんの HDV, AVCHD ビデオカメラじゃとてもじゃないが、こんな映像は無理。

もっとも、動画は撮るにしても、後処理(編集)にせよ、静止画の手間の比ではないのは、少しだけ動画をかじって重々承知してるつもり。また動画撮って編集して作りたい気持ちはあるけれど、正直そんな余裕はどこにもないから、凄いなぁ…で終わらせておこう。それが身のため。

…まぁ“動画一眼”で撮ってみたいこととか、本当はちょっとあるけどね。でも、そのちょっとしたことですら、撮影準備から撮影時のセッティング、撮影時の諸々な手間…を考えると大変で、手間も金もかかるよなぁ…と。もっとも、なんにせよ、手間暇かけずに良いものは絶対出来ないわけだが。

富士通、低価格な小型ノートPCを国内発売へ

東芝も一部地域向けにネットブックを発表してるけど、富士通も国内向けに出すとか出さないとか。にしても、来夏じゃ、いくらなんでも遅すぎるような…

富士通、低価格な小型ノートPCを国内発売へ

北風

午前中、雷も伴った前線が通過した後は、完全に秋の空気。京都の山の上では、冷たい北風が吹いていて夜は長袖でも少し寒いくらいだった。

にしても、このところ仕事で頻繁に赴いている某所へ行く時は、いつも天気悪いんだよなぁ。だから DP1 でスナップ写真撮ることすらなかったり。来週行く時も…そうなりそうな悪寒。